草・穂・種


 

【草・穂・種 1】

  1. アヤメの実          6. 姫ヒオウギ
  2. シャレーポピー        7. ヒオウギ
  3. バーゼリア レッドペッパー  8. スズメノヤリ
  4. エリンジューム        9. 痰切豆
  5. オヤマボクチ         10. ナガミヒナゲシ

 

アヤメの実

アヤメ科

実の大きさは 約4cm
資材屋さんで売っていたアヤメの実。
 
最近はドライフラワーの種類がものすごく増えて
「ナズナ」まで売ってます。
 
アヤメの実を見るのは初めてでしたが
思っていたよりもしっかりとしていて
堅い実です。
 
 
アヤメ
 
 

 

「シャレーポピー」

ケシ科

ひなげしの実。
大きくて使い勝手がよさそう。

シャーレーポピーの実

 


 

バーゼリア レッドペッパー

ブルニア科

茎の上部が赤いから「レッドペッパー」というそうです。
画像はドライのレッドペッパー。
葉はぽろぽろと取れてしまいますが、色々と使えそうです。 


バーゼリア・レッドペッパー

 


 

エリンジューム」 

セリ科

この色合いが好きで 使いたい花なんですが・・・
なぜか??これを扱うたびに顔や頭が痒くなります(T_T)

セリ科のアレルギーではないので、
これではないはず と思いこみ使いはじめるんですが
痒くなります。
のども変な感じがするのでアレルギーに間違いないですね。
悲しい・・・。 

 

エリンジューム

 


 

オヤマボクチ

キク科

これはドライフラワーのレッスンで
初めて出会った花材。
トゲトゲがあって痛いです。
 
オヤマボクチの葉を蕎麦のつなぎとして使うと聞き、
知らないことばかりです。


オヤマボクチ
 

 

姫ヒオウギ

アヤメ科

花が終わり、緑色の実が割れて
赤い種が出てきます。
種が見えてからの収穫では遅く、
緑色の状態で採取。
そのまま置いておくだけで 割れてきました。

はじめは赤く綺麗な種でしたが
日が経つにつれ 赤黒くなってきています。
割れてしまうと種がこぼれてしまうので
画像の種は ボンドで接着。
 
可愛らしいです♡

 
 
姫ヒオウギ
 

 

ヒオウギ」   

アヤメ科

ドライなので黒い種の部分は しわしわになっています。
これをアレンジに使用するのですが
この実が好きで落ちた種をいま植えています♪

ヒオウギ

 


 

スズメノヤリ

イグサ科  2015.2.24 撮影

うちの庭の「スズメノヤリ」。
花期は4月~とのことですが1週間ほど前から 
もう花が咲いております。

スズメノヤリは、まず雌しべが成熟(雌性期)し
次に雄しべが成熟(雄性期)する雌雄異熟花だそうです。


色々と調べてみると面白いです。
乾燥させて草穂を使ったアレンジに使います。 

 


 

痰切豆

マメ科

痰切豆(たんきりまめ)は トロッケンゲビンデのレッスン時に
花材として持って来ていた方から見せていただいき・・・
この可愛らしさにやられました。
ツルの感じといい 光沢のある黒い小さな種といい 好みです。
これがちょっとお高いですがドライで売っておりました。

 ヘクソカズラやツバキの実なども売っていたのでビックリ
&お高いので更にビックリ。
こぼれ落ちた種で育った痰切豆。

痰切豆 

 


 

ナガミヒナゲシ

ケシ科  果実

オレンジ色のケシの花をよく見かけますが、
その花の果実になります。

この中に入っている種が半端ないです・・・。
アレンジに使うので庭に蒔いていますが
生命力もすごいですね。
果実が自然に枯れるまで ある程度
放置しておいた方が綺麗に乾燥できます。