木の実 7


 

【木の実の種類】

  1. タイサンボク      6. ミューリアイ
  2. スターコーン      7. トータムローズ
  3. コンパクター      8. ラタンルース
  4. シルベストコーン    9. スカリップ
  5. サリグナム       10. ケンポナシ

 

「タイサンボク」

モクレン科

画像は若い状態。
熟すとこれからポコポコ開いて中から
種が出てくる。

この状態だと可愛らしい。


 

「スターコーン」

最近は枝付きではなくヘッドで色々と
売っているので 用途によって使い分けが。

ウチではあまり使う木の実ではないですが
同じ色気で合わせるときには
種類が多い方がありがたい。


 

「コンパクター」 

これはナチュラルだったと思います。
色はオレンジ系でヒマワリのよう。

白いコンパクターは可愛らしいです。


 

「シルベストコーン」

サイズ 3~5cm
シルベストコーンの色ですが
「クリームブラウン」とあるので
ナチュラルな色ではないようです・・・

この木の実は色々な色に着色させていますが、
ナチュラルはどのような色なんでしょう?
知りたいです。


 

「サリグナム」

科名 不明

サイズ 約3cm
「サリグナムヘッド」袋入りなので 
サイズが小さいです。

オレンジ色系の木の実です。 


 

「ミューリアイ」

科名 不明

サイズ 3~4cm
鱗片の内側がオレンジっぽい色で
外側は白っぽく・・粉がふいたような感じ。
ちょっと面白い木の実です。

普段はあまり使わないオレンジ色系の
木の実ですが アレンジによって
木の実の色も色々と必要なので・・・。

オレンジ色の木の実のご紹介です。


 

「トータムローズ」

科名 不明

「トータムローズ」は商品名で
名前がわかりません。
ハーブを勉強していると、どうしても
正式な名前が知りたくなります。
なので和名or学名を記載してもらえると
嬉しいのですが…いつかそうなるように 
お願いします(^^ゞ

サイズは小さく、1.5~2cm程の大きさ。
色がベージュっぽい色なので
アレンジで合わせるときに 
茶の木の実の中に入れると浮いてしまう…。
可愛い木の実なので
合わせる色を考えて使いたいですね♪
 


 

「ラタンルース」

スカリップよりは小さく
黄色くて丸いです。

ワイヤリングは割れて出来ないかな。
貼り付けて使うタイプの木の実です。


 

「スカリップ」

科名 不明

ケーンフルーツともいう?
ちょっと珍しい木の実。
殻は見た目よりも固くなく、
ワイヤリングもしにくいです。

サイズは3cm位。
変わった模様なので 
ちょっと雰囲気の違うアレンジに。
 


 

ケンポナシ

クロウメモドキ科

面白い形をした木の実をいただいき・・・
はじめは何か分からなかったケンポナシ。

ウニウニした部分が果柄で
この部分が二日酔いに効き 
食べられるようです。
ん~~でも食べたくなるような形ではないです。

種の先に付いている 白い球形の中に
艶のある5mm程度の種が入っています。
平たいのでモザイクなどに使えそうです。


 

木の実 6


 

【木の実の種類】

  1. 月桃の実      6. エゴノキの実
  2. ケムフルーツ    7. センダンの実
  3. カシュリナ     8. ビヨウヤナギ
  4. ハンノミ      9. ドウダンツツジ
  5. ヤシャブシ     10. オオムラサキツツジ

 

「月桃の実」

ショウガ科

月桃といえば ハーブティか精油。
と思っていたら何年か前から
実もよく見かけるようになりました。

月桃の実は殻の部分の色が薄いので
自分のアレンジにはあまり使いませんが
いくつかポイントに同じ色を合わせると
使いやすいかもしれません。

この種を取って植えたら芽が出てくるかしら?


 

「ケムフルーツ」

科名 不明

サイズ 約1.5cm
こげ茶の木の実。
クルミやナッツ系の美味しそうな
アレンジに入れると色合いなどが
クッキーぽく合う気がします。

頻繁には私は使いませんが
あると便利な木の実かも。


 

「カシュリナ」

科名 不明

カシュリナ(カスリナ)という木の実。
画像の木の実のカラーは スノー。
ナチュラル、ホワイトもあります。

表面が凸凹していて面白い木の実です。


 

「ハンノミ」 

カバノキ科 ハンノキ属

「ヤシャブシ」と「ハンノミ」とは
なかなか区別がつかないですが・・・
「ハンノミ」はフリフリしています。

これも可愛くてアレンジによく使います。

多分…今は廃盤になっている
商品名「ミニヤシャブシ」が
「ハンノミ」のような気がするのですが。
それは不明です。 

ハンノキ属ということは、
ハンノキの実ということで「ハンノミ」とは
言わないのかも?


 

「ヤシャブシ」

カバノキ科 ハンノキ属

ヤシャブシはよく使う木の実。
微妙な色の違いで 使い分け。

公園でもよくあるそうですが
こちらの方では見かけません。

生徒様からお裾分けを
よくしていただいてます。
ありがとうございます。


 

「エゴノキの実」

エゴノキ科

コーヒー豆のような実、エゴノキの実。
アレンジに使えないかと思い、
拾ってそのままです。

モザイクか種の花か・・・。
若い実は サポニンが含まれているので
実をつぶし水と混ぜると石鹸のように
泡立ちます。

ムクロジもそうですが、
自然の物で試しに洗濯をすると
自然の香り(臭い)がします。。。

画像のものは実が熟し 落ちた種です。


 

「センダンの実」

センダン科

センダンの実はご近所では
見かけたことがなく・・・
気が付かないだけでしょうか。

アレンジにも使ってみたかったので
買ってみました。
実は緑~黄色に変わり、毒があるようです。

 


 

「ビヨウヤナギ」

オトギリソウ科 

この実が何の実か分からなくて、
花の色と咲く時で調べてみたら 
ビヨウヤナギ」の実でした。

黄色の花が咲いた後に出来ていたので
調べやすかったです。
便利になりました(*^^*)

折れやすく小さい5mm程度の実になります。


 

「ドウダンツツジ」

ツツジ科 

やっと見つけたドウダンツツジの実。
今まで 剪定されて見つからなかったのか
実がついている場所は、ほんの一部でした。

すごく小さい5mm程度の実です。


 

「オオムラサキツツジ」 

ツツジ科

近くにドウダンツツジがあるのですが 
実が見当たらない…
で、オオムラサキツツジの実を見つけました。
ちょっともろいのでアレンジに使えるかどうか?

ワイヤー掛けは無理そうです。
小さくても 華やかで綺麗な実です♪


 

木の実 5


 

【木の実の種類】

  1. テトラゴナ      6. エキゾチカ
  2. グロブルス      7. ピリナッツ
  3. アンバーナッツ    8. 姫グルミ
  4. フィシフォリア    9. カシグルミ
  5. ポポラス       10. オニグルミ

 

「テトラゴナ」

フトモモ科

ドライ前のユーカリテトラゴナです。
乾燥させると中心部が割れて種が出てきます。

個の種を蒔いたら こちらも…
2019年実が育ってます♪

生の実を乾燥させると実も少々縮みます。
この自然の色が何とも言えないです。


 

「グロブルス」

フトモモ科

精油でもお馴染みのユーカリグロブルス

精油の香りとしては
キツイのであまり好みではありませんが。。。
実だとユーカリ独特の香りがほのかに香り
お部屋の空気清浄にいい感じ♪

枝付きなので 
このままインテリアとして飾っておきたいです。

黒い点々は種です。
これを蒔いたら芽が出てきて実が
2019年に生りました♪


 

「アンバーナッツ」

正式名が分かりません。

「アンバーナッツ」という名前で
販売されています。 こちらはナチュラル。

漂白している白いのもあります。
小さくて意外と使いやすいですが、
ワイヤリングが少々面倒です。
 


 

「フィシフォリア」

フトモモ科

ユーカリフィシフォリア
小さい実ですが、色々と使えます。

ドライフラワー教室で使った花材です。


 

「ポポラス」

フトモモ科

こちらはドライになっている
ユーカリポポラス

うちにあるポポラスの苗は 
葉が丸いものですがこちらは少々細長い。
種類も色々あるのでしょう・・・

このポポラスは先端が紫色になっていて
かなり可愛らしいですが、
ドライだと ぽろぽろと実が落ちやすいので
要注意です。


 

エキゾチカ

フトモモ科

ユーカリエキゾチカのドライです。
ドライフラワーレッスンの花材に
入っていたものです。
ポポラスにも似ています。

小さい実の先は尖がっていて
葉がついていなく…実の色は黄緑色です。

今は綺麗な色ですが、
これから色が変わってくるのでしょうか。


 

「ピリナッツ」

資材屋さんで売っている名前です。
この木の実はアレンジに入れると
いい味がでるんですが 
廃盤になったそうです・・・。

こういう色が薄く変わった木の実がないと
アレンジが単調になってしまうので 
残念です。

 


 

「姫グルミ」

クルミ科

ヒメグルミです。
ハートの形をしていて可愛い♪

この形を活かしてアレンジを作ります。

Y’s Healing Gardenでは 
ヒメグルミで作った
ネックレスを2018~マルシェで販売♪

Y’s Design 


 

「カシグルミ」

クルミ科

オニグルミよりも色が白くて丸いです。
食べるとオニグルミの方が渋みもなくて
美味しい。
食べるなら食用のクルミを購入し、
資材屋さんのクルミは食べないでくださいね。

以前はカリフォルニア産の殻付きクルミを
使ってましたが輸入されなくなったので 
カシグルミを使用しています。

クルミによってアレンジの使い分け♪


 

「オニグルミ」

クルミ科

資材屋さんで販売している「オニグルミ」

カリフォルニア産のクルミとは違い色黒です。
このままアレンジに使います。

殻を割ってアレンジするのは
カリフォルニア産のクルミになりますが
こちらは食用の物を購入しています。

最近手に入らなくなってきています。