木の実 5


 

【木の実の種類】

  1. テトラゴナ      6. エキゾチカ
  2. グロブルス      7. ベルガム
  3. アンバーナッツ    8. コニカルガム
  4. フィシフォリア    9. ユーカリボタン
  5. ポポラス       10. ピリナッツ

 

「テトラゴナ」

トモモ科

ドライ前のユーカリテトラゴナです。
乾燥させると中心部が割れて種が出てきます。

個の種を蒔いたら こちらも…
2019年実が育ってます♪

生の実を乾燥させると実も少々縮みます。
この自然の色が何とも言えないです。

テトラゴナ


 

「グロブルス」

フトモモ科

精油でもお馴染みのユーカリグロブルス

精油の香りとしては
キツイのであまり好みではありませんが。。。
実だとユーカリ独特の香りがほのかに香り
お部屋の空気清浄にいい感じ♪

枝付きなので 
このままインテリアとして飾っておきたいです。

黒い点々は種です。
これを蒔いたら芽が出てきて実が
2019年に生りました♪

ユーカリグロブルス


 

アンバーナッツ」

正式名が分かりません。

「アンバーナッツ」という名前で
販売されています。 こちらはナチュラル。

漂白している白いのもあります。
小さくて意外と使いやすいですが、
ワイヤリングが少々面倒です。

アンバーナッツ


 

「フィシフォリア」

フトモモ科

ユーカリフィシフォリア
小さい実ですが、色々と使えます。

ドライフラワー教室で使った花材です。

ユーカリ フィシフォリア


 

「ポポラス」

フトモモ科

こちらはドライになっている
ユーカリポポラス

うちにあるポポラスの苗は 
葉が丸いものですがこちらは少々細長い。
種類も色々あるのでしょう・・・

このポポラスは先端が紫色になっていて
かなり可愛らしいですが、
ドライだと ぽろぽろと実が落ちやすいので
要注意です。

ユーカリポポラス


 

エキゾチカ

フトモモ科

ユーカリエキゾチカのドライです。
ドライフラワーレッスンの花材に
入っていたものです。
ポポラスにも似ています。

小さい実の先は尖がっていて
葉がついていなく…実の色は黄緑色です。

今は綺麗な色ですが、
これから色が変わってくるのでしょうか。

ユーカリエキゾチカ


 

「ベルガム」

フトモモ科

昔はあまり好きではなかったベルガム。
クランツのベル代わりにぶら下げて…

今は
ワイルド系のアレンジを作る時には
いい味を出してくれるようになりました。

ベルガム


 

「コニカルガム」

フトモモ科

もこもこ沢山ついているコニカルガム
可愛くないので これを1つずつにして
当サロンでは使います。

とても使いやすい木の実です。

白はミックスされて売っていますが
単体では某メーカーさんでは
売っていないとのこと。

とっても困りますね。。。

コニカルガム


 

「ユーカリボタン」

フトモモ科

見た目がボタンだから?

商品名で正式な名前が分かりません。

ユーカリの種類は沢山あり過ぎて
覚えるのも大変です。

ユーカリの実はやっぱり
ワールド系には必要。


ユーカリボタン


 

「ピリナッツ」

資材屋さんで売っている名前です。
この木の実はアレンジに入れると
いい味がでるんですが
廃盤になったそうです・・・。

こういう色が薄く変わった木の実がないと
アレンジが単調になってしまうので 
残念です。